生ゴミ処理機 がおすすめ!正しい選び方!知っておきたい事はこれだ!

色んな生ゴミ処理機

先日、家庭用 生ゴミ処理機 【ナクスル】を購入したことを報告させていただきました。

【ナクスル】は少し高額の製品であることは間違いありません。

 

でも購入したのは何故なのか?

 

今回は、私が家庭用生ゴミ処理機を購入するにあたって自分なりに調べたこと、学んだことをお伝えします。

今悩まれている方は、正しい生ゴミ処理機の選び方として活用してください。

 

あわせて読みたい

 こんにちは、うーたんです!生ゴミ処理機「ナクスル」を実際に使ってみた感想だよ!  生ゴミの臭いがどうしても気になって、買ってしまいました!先日、私のこのブログで紹介したハイブリットタイプの 生ゴミ処理[…]

ハイブリットタイプの 生ゴミ処理機「ナクスル」 を買って使ってみた!
 

生ゴミ処理機 を使うメリットとは

生ゴミ処理機を使うメリット

 

生ゴミ処理機を選らんで購入する前に、まずは生ゴミ処理機を使うメリットを再確認しておきます。

 

「生ゴミ処理機」は、熱風を利用して乾燥させたり、バイオ剤などの微生物を利用して分解することで、生ゴミを効率よく減らすことが出来るアイテムです。

生ゴミが減るので当然エコです、そして他にもいろいろなメリットがあります。

 

そのひとつは、いつでも素早く簡単に処理ができるので、虫の発生や嫌な臭いの発生を防いでくれることえこです。

特に夏場には、生ゴミの回収日までの間でも、家の中に保管すると悪臭が出るし、外で保管すると野良犬や他の動物などに荒らされる可能性もあります。

生ゴミ処理機があれば、そういったトラブルを気にする必要はなくなります。

 

また、処理された物を肥料として使える製品もありますので、家庭菜園やガーデニングをやっている方にとっては嬉しい話ですよ。

 

生ゴミ処理機は値段が高額な品もあるのが難点ですが、生ゴミの排出量を減らすことに繋がりますので自治体の助成金が出る場合もあります。

 

生ゴミ処理機 の正しい選び方

それでは、どやって選べばよいのかを説明していきます。

設置場所や用途をに合ったタイプの物を選らぶ

生ゴミ処理機びは、大きく分けて3つの対応があります。

 

3つのタイプ

  1. バイオ式
  2. 乾燥式
  3. 粉砕式

では、それぞれの特徴を見てみましょう。

 

1.バイオ式

バイオ式

 

今回、私が購入した【ナクスル】がバイオ式に入ります。(正式にはハイブリットタイプ)

バイオ式は、家庭菜園やガーデニングをしている方のは最適です。

バイオ剤を利用して生ゴミを有機肥料へと導きます。

微生物が生ゴミを水と炭酸ガスに分解して、容量も小さくしてくれます。

 

【メリット】としては

有機肥料が作れるのが特長です。

自動的に堆肥ができるため、家庭菜園やガーデニングが好きな方にはピッタリです。

電気を使わない製品もあります。

また、作動音がほとんどしないのもメリットといえるでしょう。

 

【デメリット】

利用するためにはバイオ剤を入れる必要があるのと、バイオ剤を定期的に入れ替える必要があることです。

本体が大きい物が多く、キッチンに置けない場合もあります。

 

 

2.乾燥式

乾燥式

 

熱や風邪を利用してで、生ゴミの水分を蒸発させ、カラカラに乾燥させるの、乾燥式です。

家電量販店などで売っている生ゴミ処理機はほとんどがこの乾燥式です。

 

【メリット】

小型なものが多く、キッチンやちょっとしたスペースがあれば設置できます。

また、安価な物が多く販売されています。

デザイン性にも優れ、キッチンをお洒落に保ちたい方にはお勧めです。

 

【デメリット】

生ゴミを処理するときに、やや大きめの作動音が発生します。

本体利用後に洗浄が必要なものがあります。

処理能力の割に電気代がかかる場合があります。

乾燥させるだけですので、肥料としては使えません、普通のゴミとして捨てる必要があります。

 

 

3.粉砕式

粉砕式

 

粉砕式は、ディスポーザーとも呼ばれていてキッチンの排水溝に直接取り付けるタイプです。

 

【メリット】

生ゴミと水を一緒に排水溝に流し込むタイプで、排水溝の中で処理をしてくれるので臭いも出ませんし蓋の開け閉めなどの必要もありません。

製品によっては、骨や貝殻など硬いものの処理を行えることもあります。

 

【デメリット】

設置には工事が必要となします。

地域によっては粉砕型の処理機の利用が出来ないことがあります。

賃貸物件では利用できない場合が多いようです。

作動音はかなり大きいタイプとなります。

 

 

ハイブリットタイプ

バイオ式と乾燥式の両方を取り入れたハイブリットタイプがあります。

今回、私が購入した【ナクスル】がハイブリットタイプになります。

 

設置場所から選ぶ

設置場所から選ぶ

 

一番に考えることは、どこに置きたいかです。

屋内なのか屋外なのか?まず考えます。

 

屋内の場合、キッチンのシンク横やゴミ箱の代わりに置くことが出来ます。

生ゴミを普通のゴミをゴミ箱へ捨てる感覚で使うことが出来ます。

設置スペースが限られている場合でも、コンパクトなタイプを選べば置くことが可能です。

ですが、屋内に置く場合は脱臭能力の高い物、作動音の低い物を選ぶ必要があります。

臭いが出たり、夜など作動音が大きいと問題になることがあります。

 

屋外の場合は、容量の大きなものを置けるメリットがあります。

一回で多くの生ゴミが出る家庭などにお勧めです。

ですが、生ゴミを毎回持って外へ出て捨てなくてはいけません。

また、雨風にあたって劣化する心配もありますので、置く場所の選別も必要となります。

 

処理能力(容量)を確認する

処理能力から選ぶ

 

処理タイプ、設置場所と同様に大切なことは処理能力(容量)です。

 

一般家庭で1日に出る生ゴミの量は、約700gといわれています。

 

ですので、処理容量が1kg、または1L以上あると安心して使用できます。

家族の人数が多くて、生ゴミが多く出る場合は、少し多めのものにすると良いでしょう。

ただし容量が増えるほど、本体のサイズも大きくなってしまいます。

設置スペースがあまりない場合は、数回に分けて処理することを前提に容量の少し小さめの物を選ぶ方法もあります。

 

処理能力には、もう一つ確認しておくものがあります。

それは、減容率(処理率)になります。

生ゴミを処理した後に、どのくらいの比率になるかも大切です。

購入する際には、なるべく減容率の高い物をお勧めします。

基本的には、減容率90%以上の物がお勧めです。

 

気になる臭いは大切です。

気になる臭い

 

不快な臭いを消したくて利用するものですから、当然使用時の臭いについても必ず確認をしましょう。

 

特に室内で使う場合は、脱臭率が極力高い物を選びましょう。

 

私が購入した【ナクスル】は脱臭率99.84%になっています。

 

しっかりした、消臭フィルターがあるものや消臭効果の高い炭もチップ剤などを使った物も良いです。

 

あわせて読みたい

 こんにちは、うーたんです!生ゴミ処理機「ナクスル」を実際に使ってみた感想だよ!  生ゴミの臭いがどうしても気になって、買ってしまいました!先日、私のこのブログで紹介したハイブリットタイプの 生ゴミ処理[…]

ハイブリットタイプの 生ゴミ処理機「ナクスル」 を買って使ってみた!

 

家庭用生ゴミ処理機を紹介

ここで、生ゴミ処理機をいくつか紹介します。

ご自分の条件に合う物がありか確認をしてください。

 

私が購入した【ナクスル】

まとめ

今回は、私が家庭用生ゴミ処理機を購入した時に学んだことをお伝えしました。

生ゴミ処理機は安価な物から、【ナクスル】のようにちょっと高額の物までいろいろと販売されています。

どうしても購入金額に目が行ってしまいそうですが、やはり何のために購入するのか、何を目的に設置するのか

この基本をまずはしっかりと決めてから検討してください。

なんとなくでは、無駄な出費だけになり後悔します。

目的に合った製品をしっかりと選んでください。

 

関連記事

 こんにちは、うーたんです!生ゴミ処理機「ナクスル」を実際に使ってみた感想だよ!  生ゴミの臭いがどうしても気になって、買ってしまいました!先日、私のこのブログで紹介したハイブリットタイプの 生ゴミ処理[…]

ハイブリットタイプの 生ゴミ処理機「ナクスル」 を買って使ってみた!

 

うーたんのお家で使っている生ゴミ処理機「ナクスル」

生ゴミ処理機「ナクスル」

生ゴミ処理機 がおすすめ!正しい選び方!知っておきたい事はこれだ!
最新情報をチェックしよう!
>うーたんのイチオシ!

うーたんのイチオシ!

食に関する情報を配信しております。食べることから飲むこと、飲食後の片づけなど、気になる情報とお勧め情報をタップリとご覧ください。