コンポストって何?使い方、作り方、メリットを考えよう

こんにちは、うーたんです!
今日は最近注目のコンポストの話をするよ。

 

最近は、家庭菜園やガーデニングを行う家庭が増えています。

そんな方々の中で注目を浴びているのがコンポストです。

 

今回はこのコンポストについてまとめてみました。

コンポストって言葉はよく聞くけど、実際の所は何なのか?

そんな方も多いと思います。

 

そのような方のために、コンポストの方法や使い方、種類やメリットなどわかり易く解説しています。

これからコンポストをと考えている方は参考してください。

 

あわせて読みたい

こんにちは、うーたんです!今回は、生ゴミを堆肥化するコンポストを調べてみるよ! 生ゴミを処理する(堆肥化する)手段として昔から使われているのがコンポストです。家庭菜園やガーデニングをされている方などは興味があるもので[…]

コンポストで生ゴミを堆肥化!使い方や注意点を検証する

 

コンポストとは?

コンポストとは何なのか?

皆さんの多くは、コンポスト=生ゴミから堆肥を作る

そう認識されていると思います。

これ、間違いではありませんが

 

実際には、コンポスト=堆肥コンポスター=堆肥を作る容器、なんですね。

 

ただ、日本ではこの堆肥を作る容器や堆肥を作る工程をまとめて「コンポスト」って言っています。

また、生ゴミ処理の一つの方法として分類されることが多いです。

 

まあ、ゴミや落ち葉などから堆肥を作ること、その容器なども含めて「コンポスト」で問題ないですね。

 

コンポストをするメリットは?

最近では、一般家庭で出来るコンポストが増えてきています。

そんなコンポストには、どんなメリットがあるのか考えてみましょう。

 

コンポストのメリット

 

まずは、自分やご家庭に対するメリットです。

  • 生ゴミを捨てる手間が減る
  • 生ゴミを捨てるときに使うビニール袋が不要になる
  • 生ゴミを堆肥として再利用できる
  • 良い堆肥(良い栄養素を含む堆肥)を作ることができる
  • 作った堆肥は家庭菜園やガーデニングに活用できる
  • 農薬を使わず堆肥でできた野菜や果物はおいしく、安心して食べられる
  • 環境問題への取り組み、エコ活動として気軽に参加できる

 

次に、地域や環境の対するメリットです。

  • 出すゴミが減り、自治体の処理費用や手間が減る
  • ゴミの焼却が減るため、二酸化炭素の排出量が削減される
  • 堆肥を学校や農家など地域に還元することができる

 

ちょっと考えただけでも、コンポストにはこのような多くのメリットがあります。

自分や家族にはもちろん、地域・環境全体にまで関係しています。

 

コンポストのタイプ

コンポストには、「生ゴミコンポスト」と「落ち葉コンポスト」の2種類があります。

 

① 生ゴミコンポスト

生ゴミコンポスト

 

生ゴミコンポストは名前からもわかりますが、主に生ゴミから堆肥を作ります。

生ゴミをコンポスト入れ発酵させることにより堆肥を作ります。

 

最近のコンポストで人気があるのが、この生ゴミコンポストですね。

 

② 落ち葉コンポスト

落ち葉コンポスト

 

落ち葉コンポストは落ち葉を集めて堆肥(腐葉土)を作ります。

落ち葉コンポストは、生ゴミコンポストに比べると腐葉土になるまで時間がかかります。

しかし、あまり手をかけずに自宅で質の高い腐葉土が簡単に作れます。

 

コンポストに入れても良い物ダメな物

生ゴミをコンポストで堆肥化する時に注意したい事で一番大切なことは

何を入れても良いのかという事ですね。

コンポストには入れていい物、ダメな物ががあります。

とりあえず生ゴミだから入れちゃえって考えはダメですよ!

 

① コンポストで分解されやすい物

  • ごはん
  • 野菜、果物
  • 卵の殻
  • 魚、肉類
  • パン・麺類(小麦粉)

② コンポストで分解に時間がかかる物

  • 野菜の皮
  • 生米
  • 魚や肉の骨
  • 果物の種

③ コンポストに入れてはダメな物

  • 割りばし
  • 爪楊枝
  • プラスティック類
  • ビニール類
  • 貝類(殻)
  • 腐ったもの

 

普通に考えればわかりますが、プラスティックやビニール、金属などはどんなことがあっても分解されませんので絶対に入れてはいけません。

また、割りばしや爪楊枝は木製であれば分解されそうに考えますが、加工されたも良く製品は分解にかなりの時間がかかり堆肥として利用できるようになるには何年もかかってしまいます。

分解しにくい物(時間がかかる物)は入れても良いのですが、分解具合を確認してから堆肥として利用してください。

 

コンポストの種類

コンポストの道具コンポスターにはいろいろ種類があります。

 

コンポスター

 

① 設置型コンポスト

庭などの土を掘り、コンポスターの下の部分を土の中に埋めて使います。

上部にはフタがついています。

生ゴミのほか、落ち葉や雑草なども入れられます。

容器がいっぱいになったら2~3か月熟成させます。

② 密閉型コンポスト

密閉した容器に生ゴミとバイオ剤(米ぬかや発酵促進剤などでもOK)を入れて、ゴミを発酵させます。

生ゴミは完全には分解されないので、土に移して1か月ほど分解させる必要があります。

発酵時にガスが発生するので定期的にガス抜きが必要です。

強い発酵臭を悪臭と感じる人も多いため、マンションなどでは注意が必要です。

③ 回転式コンポスト

生ゴミや落ち葉などを入れて、容器ごと回転させることで堆肥化に必要な酸素を効率よく供給します。

定期的に回転させることが必要です。

④ ダンボールコンポスト

ダンボールに基材を入れ、生ゴミを投入してよくかき混ぜるだけ。

2~3週間ほど熟成させます。

安価で作り方が簡単なコンポスターです。

ダンボールは庭やベランダに置き、2~6か月ごとの交換が必要です。

⑤ 電動式生ゴミ処理機

電気を使い、バイオ剤や温風、熱で生ゴミを乾燥・分解させて堆肥化します。

乾燥させるタイプ、資材を入れ自動で回すタイプなどがあります。

室内に設置できて手軽ですが、本体価格がすこし高額になる場合があります。

また、製品によっては稼働音が気になると言った問題もあります。

⑥ その他 ミミズコンポスト

容器の中に基材とミミズを入れて、ミミズに生ゴミを食べさせる方式です。

ミミズが食べる物しか入れられない事と、一般的ではありません。

 

コンポストを自分で作る

コンポストを始める時、おすすめは市販の容器などを購入して始めることです。

ですが、自分でも簡単に作って始めることも出来ます。

ダンボールコンポスト

DIYで始めることが出来るのが、ダンボールコンポストです。

ただし、悪臭や虫の発生の可能性がありますので、リスクに気を付けて自作しましょう。

 

① ダンボールコンポストの作り方

ここでは基本的なダンボールコンポストの作り方を説明します。

ダンボールの底をガムテープ(クラフトテープ)で閉じる

ダンボールを閉じる

継ぎ目もしっかりと密封してください。

【ポイント】

ガムテープはクラフトを使いましょう。

虫の侵入を防ぐため、隙間や穴をガムテープで目張りしましょう。

【注意】

発泡スチロールやプラスティックのケースでは水分が蒸発できず、中の微生物への酸素の供給ができないので容器として使用できません。

ダンボールは2重構造の厚手の物を使いましょう。

厚手の段ボール

 

2重底にする

2重底

底が抜けるのを避けるために二重底にして底を強化します。

通気性を考えて台の上に置く

台

地面にダンボールをそのまま置かず、通気性の良い台の上に置きましょう。

基材を入れる

あらかじめ混ぜた基材(ココピート、もみ殻くん炭、おがくず、竹粉、腐葉土など)ものをダンボールの6割くらいまで入れ、シャベルなどでよく混ぜ合わせます。

空気を入れるようにしながら、よく混ぜましょう。

フタをする

利用しなくなった古布などでフタをしてゴムバンドなどで密閉します。

この際にビニールなどは使わないでください。

ビニールは空気を通しませんので、微生物の活動に必要な空気が不足してしまいます。

 

毎日の利用手順

家庭から出る生ゴミを投入します。

1日500グラムから800グラムを目安として投入してください。(生ごみの量は少なくてもかまいません)

  1. 前日に入れた生ゴミ部分だけをよくかき混ぜる。
  2. 中心部に穴を掘って、生ゴミを入れる上から基材をかぶせておく
  3. 虫よけキャップをかぶせる

生ごみ投入のポイント

  1. 投入物はなるべく細かくしてから入れると分解が早くなります。
  2. 生ゴミの水切りはしなくて大丈夫です。
  3. 貝殻は分解しないので投入しないでください。
  4. タマネギ、トウモロコシ、タケノコの皮等の乾燥したものは分解されるまでに時間がかかります。
  5. 廃油、魚のアラなどの炭水化物は微生物の分解促進になります。

置き場所(保管場所)について

  1. 雨にあたらない場所に置く
  2. 風通しの良い場所に置く
  3. 日当たりが良い場所が良いです

温度管理について

  1. 微生物が生ゴミを分解しだすと、ダンボールの中身が20℃から40℃程度まで上がります。
  2. 寒い季節は微生物の働きを助けるため、日なたなど暖かい場所に置き、廃油や米ぬかなどカロリーの高いものを時々入れるなど工夫が大切です。

虫対策について

  1. 台所の生ごみも密封保管して、虫に卵を産ませないようにしましょう。
  2. ダンボールコンポストにきちんとガムテープで目張りし、虫よけキャップをかぶせて虫に卵を産ませないようにしましょう。
  3. 白くてふわふわしたカビが発生することがありますが、失敗ではありません。

においが気になる場合について

  1. 通気性の悪いとニオイが発生する場合があります。
  2. スコップなどでかき混ぜ、しっかりと空気を送り込みましょう。
 

② 堆肥として利用する準備

生ゴミの投入期間3ヶ月から6ヶ月程度経過し、基材がべたつき、分解するまでに時間がかかると感じた時が熟成を行う時期です。

ダンボールコンポストへの生ゴミ投入を終了した時点では、まだ堆肥ではありません。

未熟な堆肥を土の中に入れると、土の中で熟成がはじまり、植物の根を傷めることがあります。

ですので、しっかりと熟成させる必要があります。

熟成させるには、まず1週間に1回程度1リットルから2リットルの水分を加え、基材全体をよく混ぜて分解を促進します。

熟成期間は、夏期で2週間から1ヶ月、冬期で1ヶ月から2ヶ月程度で、生ゴミの形がなくなり、水分を加えても温度の上昇がなければ熟成完了となります。

これで初めて堆肥として利用することができます。

 

③ 市販のダンボールコンポスト

読むと簡単そうに作れそうですが、意外と上手に作るのは大変です。

初めてダンボールコンポストに挑戦する方は、市販のセットを使ってみる方が良いと思います。

ダンボールコンポスト

市販の物を使えば、中に入れる基材もセットになっていますし、説明書も一緒に入っていますので初めての方には手軽に始めることが出来ますよ。

 

コンポストに対する自治体の助成金

コンポストの導入に対して、各自治体では助成金を設定していることがあります。

日本の自治体の約6割で助成金の対象となています。

コンポストの購入金額の半額などの助成が受けられる可能性がありますので、お住いの自治体の助成金を確認しておきましょう。

 

助成金の確認はこちらより

 

キッチンやベランダで使えるコンポスト

自宅にある程度の庭や家庭菜園があるご家庭であれば土の中に埋め込むタイプのコンポストが利用できます。

 


 

 

ですが、もっとお手軽にキッチンやベランダで使うことができるコンポストがありますのでいくつか紹介しておきます。

 

EMエコペール

by カエレバ

シンプルなバケツ型の容器です。丈夫で気密性が高く、臭いが漏れないのが嬉しいですね。

2つ使いで毎日愛用している方も多いようです。

 

EMワーカー

by カエレバ

密閉型の処理容器です。時々蓋を上げるガス抜きと、週2~3回液体を取り出す以外は放っておいて大丈夫。10~20日で堆肥が完成します。

 

自然にカエル

by カエレバ

回転式の容器です。付属のチップは低温で生ゴミを分解してくれるため、嫌な臭いが出ないのがメリット。

毎日コンポストのお世話をすると、変化が楽しみになりますよ。

 

ル・カエル


 

容器の蓋や底、コンポストの材料を入れる巾着袋のつくりは通気性抜群。

微生物が生ゴミをどんどん分解してくれます。

毎日三角コーナー半分ほどの量を入れられるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

 

まとめ

今回はコンポストについて説明しました。

電気もガスも使わず、自然の力で堆肥が作れるコンポスト。

コンポスト作りは、自然の力を利用します。

手軽に始められるのに環境のためになる!

こんな素晴らしいことは無いですよ。

現在の日本では、コンポストを薦めている自治体もたくさんあります。

それだけ、環境問題やゴミの問題は大切なことなんですね。

まずは、自分で出来ることを試してみてはいかがでしょうか!

 

あわせて読みたい

先日、家庭用 生ゴミ処理機 【ナクスル】を購入したことを報告させていただきました。【ナクスル】は少し高額の製品であることは間違いありません。 でも購入したのは何故なのか? 今回は、私が家庭用生ゴミ処理機を購入するにあたって自分[…]

生ゴミ処理機 がおすすめ!正しい選び方!知っておきたい事はこれだ!

 

うーたんのお家で使っている生ゴミ処理機「ナクスル」

生ゴミ処理機「ナクスル」

コンポストって何?使い方、作り方、メリットを考えよう
最新情報をチェックしよう!
>うーたんのイチオシ!

うーたんのイチオシ!

食に関する情報を配信しております。食べることから飲むこと、飲食後の片づけなど、気になる情報とお勧め情報をタップリとご覧ください。