コンポストで生ゴミを堆肥化!使い方や注意点を検証する

こんにちは、うーたんです!
今回は、生ゴミを堆肥化するコンポストを調べてみるよ!

 

生ゴミを処理する(堆肥化する)手段として昔から使われているのがコンポストです。

家庭菜園やガーデニングをされている方などは興味があるものではないでしょうか。

普段の生活の中で出る生ゴミを堆肥化(肥料にする)して、有効に再利用出来たらと考える方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、この微生物を使うコンポストの使い方や注意点などを検証します。

 

私うーたん的には、生ゴミ処理機はハイブリット式がベスト!

はっきり言ってそう考えていますが、人それぞれ判断基準も違いますのでハイブリット式以外の生ゴミ処理機についてもお伝えしておきます。

 

コンポストを他の生ゴミ処理機と同じように考えている方には参考になりますので、コンポストと生ゴミ処理機の違いをじっくりとご確認ください。

 

コンポストとは

コンポストとは

コンポスト・・・・生ゴミを処理する容器、機械のことを言います。

 

本来、堆肥=コンポストで生ゴミや落ち葉など家庭で出た有機物を微生物を利用して発酵分解させてでできる肥料のことを言います。

その肥料を作る容器のことをコンポスターと言います。

現在の日本では、これらコンポスターやコンポスト、生ゴミを処理する機械などのことを全てまとめて、「コンポスト」と言われているのが実情です。

 

生ゴミを堆肥に変え、ゴミが減って環境にも暮らしにも良いとして、コンポストは注目されています。

 

生ゴミを堆肥化するコンポストのメリット

コンポストのメリットを説明するよ!

 

生ゴミは臭いやコバエなどの発生に関係したり、指定ゴミ袋が有料になっていることもあり、堆肥化することは経済的にも環境的にも良いことです。

コンポストで生ゴミを処理する(堆肥化する)メリットは下記の湯尾になります。

  • キッチンから生ゴミがなくなる
  • キッチンが清潔に保てる
  • 堆肥を購入しなくてよくなる(無料で手に入る)
  • 指定ゴミ袋の費用が減る
  • 環境に良い

コンポストで生ゴミを処理している人は、「家庭菜園やガーデニングなどに堆肥を役立てたい」「生ゴミの臭いやコバエの発生を防ぎたい」[毎日のゴミ出しを少しでも減らしたい」などの理由で使っているようです。

 

コンポストの使い方

コンポストの種類によって、使い方は少し違ってきますが、ここでは基本的なコンポストの作り方を紹介します。

 

コンポストの使い方

1.下準備

コンポストに生ゴミを入れる前にしておきたい下準備があります。

  • 生ゴミを細かく切りる
  • 水気を切る

生ゴミの水切り

生ゴミを細かく切ることで、分解・発酵がされやすくなります。

水気が多すぎると、堆肥になる前に腐敗してしまう原因になりますので、必ず実施しましょう。

 

2.コンポストに生ゴミを入れる

コンポストに入れる

土や基材を入れたコンポスト(容器)土や基材を入れ中央にくぼみを作り、下準備した生ゴミを入れます。

コンポストは、入れる生ゴミが乾燥していても水分が多すぎても上手く分解・発酵が進みません。

手で触った時にしっとりしているくらいを目安にしましょう。

それと、コンポストの設置場所は、直射日光が当たらない場所を選びましょう。

 

3.生ゴミの上に土や基材をかぶせる

コンポストに生ゴミを入れたら、上から土や基材、発酵促進剤をかぶせます。

コンポストの種類によって、投入する基材や量は変わってきますので、購入したコンポストの説明書で事前に確認しておきましょう。

 

4.全体的にかき混ぜる

通常、コンポストの場合は、かき混ぜが必要です。

かき混ぜることで空気が生ゴミと土や基材と混ざり合ります、混ぜ合わることで分解・発酵が進みやすくなります。

初回使用だけでなく、普段の使用時も1~4の繰り返しです。

夏季なら1~4週間、冬季なら1~3ヶ月かけてじっくりと堆肥化が進んでいきます。

 

コンポストで処理できるもの、できないもの

コンポストは微生物の力を使って生ゴミを分解します。

そのため、微生物が分解できないものは、処理できません。

微生物が分解しやすいものもあれば、分解しにくいものもありますし、処理できないので入れてはダメなものもあります。

 

・入れても大丈夫な物

  • 野菜、果物
  • ご飯、パン、麺類
  • 卵の殻
  • 魚、肉類
  • 茶葉
  • コーヒーかす(少量のみ)

・分解しにくい物

  • 生米
  • 野菜の皮、芯など硬いもの
  • 果物の種
  • 魚や肉の骨

・入れてはダメな物

  • 貝殻
  • 割り箸や爪楊枝
  • ラップ、ビニール袋など

 

分解しにくい物については、処理に時間がかかりますが投入自体は問題はありません。

プラスティックやビニールなどは絶対に入れてはいけません。

 

コンポストを使う時の注意点

コンポストを使う時にはいくつかの注意点があります。

 

注意点① 水分量

コンポストに入れる生ゴミの水分が多すぎるとカビの発生や腐敗の原因になるので、水分量には注意が必要です。

水分が多いと土の中の隙間がなくなり、空気が不足します。

この事で、腐敗につながり嫌な臭いを発生しやすくなります。

生ゴミは必ず水気を切って土に入れましょう。

土を握った時に、しっとりしている程度の方さがベストです。

 

注意点② 直射日光

コンポストは基本、外に置いて使います。

直射日光が当たると微生物は死んでしまうので、日よけを付けたり、シートを被せるなどして直射日光を避けるようにしましょう。

また、直射日光が当たることで乾燥しすぎてしまうと、分解するときの時間がかかるようになってしまうこともありまので注意が必要です。

 

注意点③ 虫の発生

生ゴミはハエなどの餌になります。

生ゴミにしっかりと土をかぶせておかないと、虫の発生に繋がります。

もし、虫が生ゴミに卵を産見つけると、うじ虫が大量発生します。

そして、すぐに成虫になりまた卵を産むのでどんどん増え、ますます対処が難しくなります。

 

虫の発生を防ぐために気を付けること

  • 一度に大量の生ゴミを投入しないこと
  • 生ゴミを入れたら必ず土で埋めること
  • 虫が卵を産まないように、目の細かいネットなどで覆うこと

もし、虫が発生に気が付いたら、大量発生してしまう前に処分しましょう。

 

コンポストの種類と特徴

コンポストには容器や設置場所、分解に使用する基材(材料)などによっていろいろな種類があります。

その中でも代表的な物を比較してみました。

 ①段ボールコンポスト②土中式(鐘の形状タイプ)③密閉式④バイオ式電動生ごみ処理機⑤ミミズコンポスト
設置場所屋内(屋外の場合は雨で濡れない場所)土のある場所(庭・畑)屋内・屋外屋内屋内(屋外の場合は雨で濡れない場所)
温度管理必要不要不要不要必要
かき混ぜ毎日週に1回程度不要不要不要
発酵方法好気性菌好気性菌嫌気性菌好気性菌ミミズ
分解期間3ヶ月くらい3ヶ月くらい2週間くらいなし(随時)約3~4ヶ月くらい
熟成期間1ヶ月くらい2ヶ月くらい1ヶ月くらい約2時間くらいなし
メリット手軽で低コスト大量の堆肥を作りやすい液肥ができ、手間がかからない手間がかからず早い臭いが少ない
デメリットかき混ぜや温度管理の手間がかかるコンポストを埋める場所(庭・畑)が必要発酵液をこまめに抜く必要がある初期費用・ランニングコストがかかる生ゴミを少量ずつしか投入できない

 

① 段ボール式コンポスト

段ボール式のコンポストは、通気性がよく撹拌(かくはん)しやすいのが特徴です。

ベランダや、部屋の中にも置くことが可能です。

 

② 土中式コンポスト

庭や畑などの土にプラスティックの容器(コンポスター)を埋めて、土の中の微生物の働きを利用して堆肥化をすすめる方法です。

定期的にかき混ぜる必要があるので、面倒臭がりの人は続かないかもしれません。

庭に、土の地面があるご家庭などで使うことができます。

 

③ 密閉式コンポスト

密閉式コンポストは、酸素が少ない条件でも生育する微生物の発酵により堆肥化がすすみます。

密閉式のコンポストで作った堆肥は液体で出てきます。

分解の過程で、アルコールや酸が出されるので、酸っぱい臭いがするのが特徴です。

キッチンなどに置くこともできて、持ち運びも便利ですが、生ゴミを開ける度に臭いがするので、注意が必要です。

 

④ バイオ式電動生ごみ処理機

電動式の生ゴミ処理機なので、かき混ぜや温度管理を自動で行ってくれるため、手間がなく、臭いもしないので、快適に生ゴミを処理したい人におすすめです。

ただし、初期費用や電気代などのランニングコストがかかってしまうことがデメリットです。

⑤ ミミズ式コンポスト

ミミズ式コンポスト

ミミズ式コンポストとは、生ゴミをミミズに食べさせ、貯まった糞や尿を堆肥として利用するコンポストです。

臭いが出ないのが特徴で、熟成する必要がなく、植物の根を傷つけることもないので、非常に良質な堆肥として重宝されています。

東京農工大学農学部自主ゼミナール 「ミミズコンポスト管理局」の管理人が、「ミミズコンポストって何?」っていう人向けに書い…

 

コンポストがおすすめできる人、できない人

コンポストは良質な堆肥ができるということで、環境にもよく非常に良い仕組みです。

ですが、コンポストは面倒なことも多いので、おすすめできる人もいればおすすめできない人もいます。

 

コンポストをおすすめできる人

コンポストは処理によってできる堆肥を活用できなければ、続きません。

そのため、家庭菜園やガーデニングが好きな方や、物作りが好きな方におすすめです。

また、環境問題への意識が強いかたにもおすすめできます。

 

コンポストをおすすめできない人

コンポストは、こまめな手入れが必要だったり、虫の発生に注意したりと、作業に時間をとられます。

以下のようなな方にはおすすめできない場合が多いです。

  • 生ゴミを臭いを出さずに処理したい人
  • すぐに肥料が欲しい人
  • 日々の管理が面倒だと感じる人

特に、管理が面倒に感じる方は、臭いや虫の問題が発生し悩むことが増える可能性がありますのでおすすめできません。

 

コンポストが合わない方は、電動式バイオ式の生ごみ処理機

コンポストが合わないと感じた人は、初期費用は掛かりますが電動式の生ゴミ処理機を検討してください。

 

まとめ

今回はコンポストについて説明しました。

生ゴミを堆肥化するコンポストですが、昔から田舎の農家では形は少し違いますが利用してきています。

それだけ肥料を作るためには有効な手段と言えますね。

ただ、生ゴミの処理や臭いをメインに考えている方にはあまり合わない可能性もあります。

特に都市部やマンションなどにお住まいで庭に土の部分がない場合などは不向きとなります。

生ゴミ処理の一つの方法としてコンポストを紹介しましたが、家庭で手軽にとはいかにいようですね。

ですが、ガーデニングや家庭菜園などが好きな方には、検討する価値があります。

この様な方には、コンポストで毎日楽しく、生ゴミを堆肥化する楽しみを味わってください。

 

あわせて読みたい

こんにちは、うーたんです!生ゴミ処理機「ナクスル」を買った私が、人気の生ゴミ処理機その中でも乾燥式を説明するよ! うーたんです!今人気が出ている 生ゴミ処理機 ですが、その中でも比較的安価で購入できる 乾燥式 の 生[…]

人気の生ゴミ処理機 乾燥式のメリット・デメリットを検証してみた

うーたんのお家で使っている生ゴミ処理機「ナクスル」

生ゴミ処理機「ナクスル」

コンポストで生ゴミを堆肥化!使い方や注意点を検証する
最新情報をチェックしよう!
>うーたんのイチオシ!

うーたんのイチオシ!

食に関する情報を配信しております。食べることから飲むこと、飲食後の片づけなど、気になる情報とお勧め情報をタップリとご覧ください。