ウェルネスダイニング 気配り宅配食で楽に食事制限が出来る

こんにちは、うーたんです!
今日は宅配弁当で人気のウェルネスダイニングを検証するよ!

 

こんにちは、うーたんです!

今回は、宅配弁当で人気がある ウェルネスダイニング を紹介します。

 

実は、このウェルネスダイニングのお弁当は私の両親も利用しています。

(両親は85歳の父と83歳の母、田舎で二人暮らしをしています。)

私たち夫婦と一緒に住んでいれば食事の用意など特に問題はないのですが、老夫婦の二人暮らしだと食事を作ることも大変なようです。

また、二人とも持病があり食事制限があったりもしますので大変なようです。

 

って、「お前が面倒をちゃんと見ろ!」って言われるのはわかっていますが、そこは色々と事情がありますのですみません。

 

今回は、そんな両親も利用している ウェルネスダイニング を紹介します。

 

ウェルネスダイニング とは

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング は今人気の食材宅配サービスの1つです。

冷凍のお弁当やミールキット(料理キット)を届けてくれる便利なサービスです。

 

特に食事制限がある方に向けてのコースが各種用意されていることが最大の特徴です。

生活習慣病の予防に気を使っている中高年の方やダイエット中の方にも人気があります。

 

ウェルネスダイニングはこんな方におすすめ!

ウェルネスダイニングの特徴は後で説明していますが「管理栄養士が監修した料理が食べられる」「賞味期限が3か月以上と長い」「制限食が目的別に選べる」などです。

 

この特徴から、ウェルネスダイニングが向いている人は以下の通りとなります。

  • 料理の美味しさを重視している
  • 手作り感のある料理が食べたい
  • 食べやすい料理がいい
  • 好きな時に食べたい
  • 買ってきた材料をよく賞味期限切れにしてしまう
  • 自分で制限食を作るのがむずかしい
  • 料理する時間がない
  • 無理なく食事制限ダイエットをしたい
  • カロリーや塩分・糖質が気になる

 

食べることにはこだわりがあるけれど、自分で料理を作る時間や技術がない。

制限食は難しくてうまく作れない、このような方に最適なサービスです。

 

一方、お勧めできない方は

  • 料理は味より量
  • 制限食を自分で作れる
  • 料理することが好き、料理する時間も十分にある
  • 現在、健康で生活習慣業の心配はない
  • 食事にあまりお金をかけたくない

料理の味にこだわりがなく、食費はできるだけ最小限に抑えたい人にはおすすめしません。

おすすめしませんが、実際に試してみると変わるかも。

 

ウェルネスダイニングの宅配健康食とは?

宅配健康食

ウェルネスダイニングが届けてくれる冷凍食は、「宅配健康食」と呼ばれています。

容器の大きさが縦15㎝×横20㎝×高さ4cmと小ぶりなお弁当ですが、栄養士監修の献立が詰まっています。

ウェルネスダイニングの宅配健康食の特徴

宅配健康食の特徴

ウェルネスダイニングの公式サイトから宅配健康食の5つの特徴をご紹介します。

管理栄養士監修の献立1食当たり15品目以上の食材を使用しつつ、カロリー300kcal以下&塩分2.5以下に抑えています。彩りや満足感にも工夫が施されていて食べる喜びを与えてくれます。
賞味期限3か月以上(冷凍)鮮度を保ったまま急速冷凍されたお弁当は、好きな時においしく食べられます。賞味期限は3か月以上です。
レンジでチンして食べられる冷凍状態のままなら4~5分、冷蔵庫での解凍状態なら約2分間レンジであたためれば食べられます。
主菜1品+副菜3品が食べられる栄養バランスと食べる楽しみを考慮し、計4種類の料理が味わえるようになっています。
国内工場での手作り生産安全面を重視し、泥付き野菜は使わない・急速冷凍で菌の繁殖を抑える・異物混入を防ぐチェックなどを行っています。手袋は30分に1回交換する徹底ぶりです。

お弁当の配達しかも冷凍だと、どうしても味がイマイチだったり口に合わない料理が入っていたりします、でもそれは仕方ないと思います。

しかし私が実家で食べたお弁当は美味しく完食することが出来ました。

両親も「これ、おいしいなぁ」「いい味でてるね~」と言っていたので間違いありません。

 

宅配健康食のコースは7つ(6+1)

宅配健康食には6つものコースがあります。

宅配健康食のコース
コース名詳細
カロリー制限食カロリー240kcal(±10%)
塩分制限食塩分2.0g以下
たんぱく質&塩分制限食塩分2.0g以下、たんぱく質10g以下
糖質制限食糖質15g以下
健康応援気食カロリー300kcal以下、塩分2.5g以下
緩やかに制限
栄養バランス食カロリー300kcal(±20%)、塩分2.5g以下
緩やかに制限、栄養バランス重視

どのコースもカロリーの摂取量300kcal以下に抑えられています。

この宅配健康食にごはん一杯分のカロリー250kcalをプラスしても、550kcal下回ることが良くわかります。

ダイエット中の方であれば、一食を宅配健康食に置き換えるだけでも、ダイエット効果が見込めます。

 

また、1日の塩分摂取目安量は5~6gと言われています。

ですが、現在の日本人はほとんど2倍の塩分を摂取しています。

この塩分はどうしても控えたいところです。

塩分制限食なら1食2.0g以下の摂取で済みます。

 

さらに、たんぱく質と糖質の制限ができるコースがあるのも良いですね。

たんぱく質は摂取しすぎると尿路結石・腸内環境の乱れに繋がりますし、糖質は血糖値の上昇・老化促進に繋がりますので抑えたいものです。

この様な制限食を自分で作るとなると本当に大変です。

仮に作れたとして、味気ない物になったり美味しくなかったりします。

それを代わりに作って、長期保持できる冷凍状態で届けてくれるのはありがたいことです。

 


+1 ちょっとやわらか宅配食

ちょっとやわらかめ宅配食

この「ちょっとやわらか宅配食」は宅配健康食とは少し違います。

食べの物を噛む力や飲みこむ力が弱くなってきた方向けの宅配食になります。

当然、栄養バランスなどは十分に考慮して作られています。

 

ちょっとやわらか宅配食

やわらかさのコースは上記のように3段階から選べるようになっています。

ご高齢の方でも食べやすいように、独自の調理法でやわらかく仕上げられていますし、家庭料理のような優しい味付けのおかずです。

栄養管理のプロにお任せする多彩なメニュー(和・洋・中)が届きますので、毎日の食事を飽きずに楽しむことが出来ます。

 

コース別料金

宅配健康食はコースによって料金が少し変わります。

コース料金(税別)
カロリー制限食
塩分制限食
健康応援食
 7食:4,300円
 14食:8,500円
 21食:12,600円
たんぱく質&塩分制限食 7食:4,800円
 14食:9,400円
 21食:13,900円
糖質制限食 7食:4,500円
 14食:8,800円
 21食:13,000円
栄養バランス食 7食:4,600円
 14食:9,100円
 21食:13,500円
やわらか宅配食

 7食:4,600円~5,200円
 14食:9,100円~9,900円
 21食:13,500円~14,800円

料金が少し変わると言っても本当に少しです。

これくらいの差なら価格を気にせず好きなコースを注文できますね。

 

その他、みそ汁やご飯など

ウエルネスダイニング ではおかずだけでなくみそ汁やレトルトのご飯も取り扱っています。

その他アイテム
  • トクホ=特定保健用食品の味噌汁
  • 低糖質・低カロリーごはん
  • 低たんぱくごはん
  • 発芽玄米ごはん魚沼産コシヒカリ低たんぱくごはん

など、ごはんやみそ汁も一緒に購入することが出来ます。

 


配送について

ウェルネスダイニングの商品は、ヤマト便のクール冷凍便で届きます。

保冷剤が入っていないため、基本手渡しでの受け取りになります。

受け取ったら急いで冷凍庫に入れて保存してくださいね。

冷凍便で届く
冷凍便で段ボールに入って届きます
配送エリア 全国
配送業者 ヤマト運輸
配送時間 午前中(12時まで)
 14時から16時
 16時から18時
 18時から20時
 19時から21時
送料 基本700円
 定期350円
 ※税別です

送料は定期コースに申し込むと半額になります。

1回の配送の送料ですので、14食2週間に1回受け取るようにすると、送料は1回350円月額700円(税抜)でおさまります。

定期コースに申し込まれた方は、日持ちがしますのである程度まとめて購入するのが送料を安くする秘訣です。

 

ウェルネスダイニング 公式サイトからの申込み

ウェルネスダイニングではお試しコースは特別設定していませんが、初めて利用する方はどのコースでも1回だけ送料が無料になります。お弁当代は一緒です。

初めての購入

初めてウェルネスダイニングをご利用する方は、各コースにある上図の赤枠の部分をクリックしましょう。

例として14食の部分をクリックしました!

クリック後の画面

上図のように、商品ページに切り替わりますので、注文する商品であるか確認したあと、カートに入れてください。

カートに入れると、会員登録をするかしないかを選べますので、どちらかを選んだあと購入者情報や支払い方法などを入力します。

初めての注文の時点では会員登録はしなくてもOKです。購入後に登録も出来ます。

 

初めてのウェルネスダイニング(私が食べた)

私が実家で初めて食べたのは、たんぱく質制限食の「豚しゃぶセット」になります。

たんぱく質制限食の、豚しゃぶセット

実家の母いわく、本当なら前日の夜に冷凍庫から冷蔵室へ移して解凍をしてレンジで温める方が美味しいそうです。

この時は急でしたので完全な冷凍状態のお弁当をレンジで温めて頂きました。

ご覧のようにサラダなどの生の野菜が無いのがちょっと不満ですが、おかず4品はどれもい良い加減の味付けで、しつこくもなく物足りないこともありませんでした。

両親がなぜ、ウェルネスダイニングを利用しているのかわかったような気がしました。

実家では、ごはんは自分で炊き、生野菜やみそ汁なども自分で作っています。

メインのおかずと副菜だけを利用していますが、それでも家事は楽になったし買い出しは前ほど頻繁にいかなくても良くなったそうです。

買い物に頻繁に出かけると事故などの心配もありますし、その点でも良かったのかなと感じます。

 

まとめ

今回は、ウェルネスダイニングを紹介しました。

以前には、「ヨシケイ」のヘルシーミールというお弁当も紹介しました。

 

関連記事

こんにちは、うーたんです!今日は 宅食サービス 「ヨシケイ」を検証するよ! 今回は、宅食サービス 「ヨシケイ」 を検証します! 新型コロナウイルスの拡大に伴う緊急事態宣言、外出自粛!外へは極力出ないで、[…]

宅食サービス「ヨシケイ」が大人気!その秘密にせまる!

 

ウェルネスダイニングの特徴である、制限食に対応した食事を宅配する。

でも、よく考えればわかることですが

今病気など食事制限が無い方でも、バランスの取れた食事、カロリーや塩分を抑えた食事は大切です。

元気だからこそ、本当は注意しなければいけないのが食事なんですね。

この先ずっと健康を維持するためにも今回紹介したウェルネスダイニングの様な宅食サービスを上手に利用していきたいものですね。

 

関連記事

宅食サービスが人気だけど昔と変わったの? 現在、人気がある宅食サービスですが昔の食事宅配サービスとどう変わったのか?今回は今の宅食サービスについて考えます。まず、一般的な出前やデリバリーサービスと違う点ですが、宅食サービスで[…]

食事宅配サービス(宅食サービス)今と昔の違いはあるのか?

うーたんのお家で使っている生ゴミ処理機「ナクスル」

生ゴミ処理機「ナクスル」

ウェルネスダイニング 気配り宅配食で楽に食事制限が出来る
最新情報をチェックしよう!
>うーたんのイチオシ!

うーたんのイチオシ!

食に関する情報を配信しております。食べることから飲むこと、飲食後の片づけなど、気になる情報とお勧め情報をタップリとご覧ください。